<   2005年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

桜道

愛した記憶は
砂のように
さらさらと
指をすり抜ける。

でも、
愛された記憶は
身体にじんわりと
いつのまにか染みこみ、
消えることがない。

何度、
くりかえし夜がきても。
3回目の
桜が
道路を白に塗り替えても。
髪を
何度切っても。

君のいない世界で
僕は
ずっと
ひとりで
ズボンの裾をぎゅっと掴んで
ひっそりと
君が愛してくれた
あの夏の日の中で
ずっと今日まで
ひとりぼっちで
待っているんだ。

君の手の感触も、
髪の匂いも
最後に
君が流した涙も、
全部そのまま覚えているには
あまりにも
時間が経ちすぎて

すべてを
一ミリも
忘れないと
決めたのに
すくっても
すくっても
さらさらと
記憶は風にとばされて
覆い被さって
必死でかき集めても
もう、
はっきりと
思い出せなくなってきちゃったんだよ。

君を失った日に
怖くて眠れずに
朝になった
あの日の朝の
空けていく
あの青色の中で
ブルブルと
ただ
君のいなくなった世界に
まだ
馴染めずに
ふるえてるんだ。

色を完全に失った世界に
馴染めずに
ここまで
ひとりで
うまく
やってきたのに。

消えないんだよ。
どんなに
苦しいくて
忘れたくて
忘れたくて

無理矢理に目をぎゅっとつぶって
強引に
朝をひきよせようとしても
忘れられなくて
思い出すんだ。
君がやさしくしてくれたすべて、
君が愛してくれたことすべて
身体に染みこんだ
君のやさしさが
じんわりと色を移す。

僕にとって
はじめて
弱くてもろい自分を含めて
人を愛し、愛されるというという意味を
感じたのは
君だったんだ。

君にとっては
ただの幼い恋に
過ぎなかったのかもしれない。
つながることのない
過去の点。
線になって
未来へも
過去にも
つながらない
孤立した
ただの
ちっぽけな点だったのかもしれない。

けれど
僕に君が描いた点は
とても
大きくて
塗りつぶされた黒は
空虚な
深い深い闇を残した。

そのことを
君は
きっと
永遠に知ることはない。

だって
僕は
過ぎ去った
ただの曖昧な
記憶にすぎないのだから。

僕の匂いも
感触も
笑った顔も

君は忘れる

まるで
僕たちは
出会ってなんかなかったみたいに
いつものように
笑うのだ。

愛されなけばよかった。
ただ
欲望だけだったら
ただ
好奇心だけだったら
こんなにも
きっと
苦しくはなかったのに。

いつか
愛しいひとは
どんなに愛しても
どんなに
がんばっても
つながれた手をほどき、
僕を好きじゃなくなって
僕を置き去りにして
いなくなるのだと

僕の脳に
新しいプログラムが
打ち込まれてしまった。

だから
怖いんだ。
ずっと
怖いんだ。
ただ
怖い。
もう、
この夜に
ひとりで置き去りに
されるのが
ただ、
こわいよ。

何にも悪いことをしてないのに。

どんなに
強くなったって
愛された記憶があるかぎり
僕は
夜におきざりのまま
ただ
抱きしめて眠ってくれる
身体を探しに
よるを彷徨う。
[PR]
by 1egg2min | 2005-04-17 03:09 | TEXT

なにでもないひとになってもいいのだ。

ほぼ、半年?ぶりくらいの
急ぎの仕事も、急ぎの用事も(本当はやるべき仕事はあるけどね)入れていない2連休を取れた(泣)

とにかくずっとずっと
狂ったように働いてばかりいた。
平日は派遣で、夜は夜の蝶、土曜はイラスト、日曜はベトナム料理屋。
怒濤の結婚式&2次会ラッシュ。
時間をみじん切りにして
グラムで大安売りしているみたいに
余裕がなくて、
ついでに何故か(?)働いても働いても
全然お金がなかった。
(とにかく要領が悪い仕事の受け方をしていたのだ)
しかも、1年で2回の引越し。
引越の段ボールもそのままに、前に積まれた仕事に追われる日々。
友人へのメールの返信も忘れ、
遊ぶ約束は締め切り前にドタキャン。

たまる洗濯物、洗っていない流しの食器、出せないゴミ、冬服も夏服も山のように積み上げられたベット、くずれかけた本の山、資料の山。腐っていく冷蔵庫の中のたまご。

ついに、限界がきていたので
2日間、ひきこもってついに大掃除を決行!
完璧とはいかないが7割がた綺麗になった。
洗濯機も4回まわし、
クリーニングに出す。
リネン類を漂白し、
植木に水。
玉子はまとめて煮たまごにして保存、
ゴミを分別。
いらない資料やレシートを処分して
シンクを磨く。

床が広くなった部屋で
ゆっくりお茶を飲んで、仕事部屋の床じゃなくてベットでお布団に寝て、あわあわにした泡風呂で本を読んで、美容院に行って髪を切り、カラーをちゃんとした。つめを切って、いちごバナナジュースを作って、無農薬のトマトは太陽の味がして身体にすう〜と吸収されるようだ。キンコーズに出力がてら、満開の桜の下をチャリンコで走り抜ける。
ふぅ〜。
やっと少し、落ち着いた。
土色だった肌も、気持ち少し白くてつるっとしている。
ケータイも電源を切る。

すこし、人生をお休みすることにした。
無理に仕事を受けるのをしばらくやめて
まわりの友達や、精神的な安息をとることに決めた。
もう、がんばるのに
ちょっと疲れてしまったのだ。
(花粉症が異常につらいし)
「なにかにならなければいけない」という強迫観念にしばられるのを
やめちゃえ!にげちゃえ!
夜の蝶も1月で卒業した。

ゆっくりして、
すこし余裕ができたら
旅にでよう。

なんだか、
人と関わることすべてが億劫で
ひとりでいると
すごく心が穏やかになる。
一緒に笑う人がいなくても、
繰り返す朝を、しーんとあまりにも静かな夜も、
泣かずに
おだやかな気持ちで過ごすことが
できるようになった。

この街と、この部屋はとても居心地がいい。
美味しい野菜の売っているスーパーが徒歩30秒にあって
駅まで1分。ビレッジヴァンガードまで1分。無印まで3分。
とおくに名古屋駅のツインタワーが見える。
日当たりが良くて、風が通り抜けて、窓が大きくて。
おんぼろじいちゃんビルだけどね。

あとは、
一緒にお酒が飲める
男前が.......
現れてくれれば
もうなんにも望まないのだけど。

もう、きっかり1年近く
まったくもって
恋をしていない。

まあ、いいか。

本日は
友達にもらった大分焼酎の伊勢茶割り。
いまから
さあ、仕事仕事。
[PR]
by 1egg2min | 2005-04-10 01:18

おっぱいと舌のしたの秘密

舌のしたの筋みたいなところに
ちいさな

みたいなのができた。
痛い。

鏡を持って
ああああ〜
と口を開けてみる。
舌を動かすと

小さな舌が動いて
ヒリヒリと痛い。

ビールを飲んで窓から外をみていたら

北の方角に向かって空を見上げて
あのひとは
元気だろうかと
なんとなく
思ってしまう。

無意識が怖い。
あのひとのお家の空へ。
酔っぱらって話しかけちまった。

人の未消化のままの「無の念」
って怖いな〜。
あいかわらずにフレッシュな感じで
痛いねえ。

働きすぎて
目がうまく開かないし、
花粉でマスクはかかせないし、
太っておっぱいも肥大。

ほんとおっぱいは取り外し式にするべきで
生理は子供を産むひとだけにして欲しい。と
完全にメスを全否定。

出会った知らないひとの10人にひとりは
挨拶のようにおっぱいのことを尋ねられるウザさ。
「いやいや〜重力に負けっぱなしっスヨ〜いつも肩に乗っけてます!」などと
自虐ネタで返すのにもほとほと疲れた。

なんて返すのがエレガントで爽やかで感じがいいか、
ベストな模範解答を誰か用意してよ。

「いや〜ぷりんぷりんで、すいませ〜ん」か。

それとも、

「え〜そんなことないですう。普通ですう」か。

それとも、

「も〜●●さんったら」か。

例えば異様なまでに鼻のでかい人に
「鼻でっかいすよね〜。どうしたらそんなにデカくなれるのですか?」と
言ったり、どうみても、おちんちんでかいっすね〜と
公衆の面前で発言することが
明らかに失言なのにたいして
おっぱいに関しては
「大きい」イコール「よい」みたいなヘンテコな共通認識によって
寛容になってしまっているせいだ。

結局、人の心なんてわからない。
痛みがそのひとのどの部分に隠れていて
地雷を踏んでしまうのかなんて
他人である生物にはわからない。
わかりえない。

男のこころもわからない。
どうしたら
たいせつに思うひとを
永久に失わずにいられるか
もう
よくわからない。
どう気持ちを伝えたら
他人のこころに
自分の伝えたい音に近い音を届けられるのか
よくわからない。

いつもひとりで
暗くて大きい海に
プカプカと
背中で浮かんでいる。
太陽で
目が開けられなくて
海の音がする。

「贅沢な骨」のDVDを観ながら

小さな舌が痛むのだ。
[PR]
by 1egg2min | 2005-04-08 03:04