<   2004年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

走れ走れ走れ走れとタダ伝えろよシナプスに。

夜の仕事が終わって
運悪く
送りオオカミに遭遇。
深夜の墓の前に車を止められて
迫られて
なんだかうんざりして
吐き気がした。
男という生物にね。

でも、
膀胱癌に冒された
目の前にいるこの父親みたいな男のひとの
死の恐怖を思うと
セックスセックスと
強迫観念みたいに
迫ってくる言葉も
まわりを取り囲む
何千という数のお墓も、
刹那的な哀しさを帯びているように見えた。
何かから逃げたいからなのかもしれない。
それは
死とか現実とか
夢とか未来とか恐怖とか。
彼の目には
この数千の墓石が
どんな風に見えるのだろうか。

結局、丁寧にお断りしたら
素直に何もせずに送り届けてくれた。

くだらない世間話、
聞き流すための会話
セックスセックスセックス。
そんなことしか
共通言語にならない夜の世界で
(すごく勉強になることも多いけど)

みんなが
愛が足りないと
一人はさみしいと
震えているみたいに見える。
不思議だね。

走れ走れ走れと
ただ指令を送るしかないのに。
目をつぶってもとにかく走るしかないのだよ。

このドロドロの沼の底から
いつかキラキラした王子様が助けてくれるかしらなんて。

二年前のあの日に
王子様は死にました。
その日から
クラウチングスタートダッシュで
泣きながら
走れ走れ走る走れば走るなり。
脳が豆腐に変わるまで
愛しい記憶が
流れていく景色になるまで
涙が
蒸発して
いつかの雲に
変わるまで。
[PR]
by 1egg2min | 2004-10-13 03:19

ちっちゃくて可愛くておっぱいのでかかった女の子。

自分を形容してください。

箇条書きで。
客観的事実だけを。
主観のみで。

A.フリーのデザイナー
B.イラストレーター 
C.ベトナム料理屋のキッチン
D.派遣会社のデザイナーのA子さん
E.夜の蝶
D.27歳
F.女
G.双子
H.独身

まるで万華鏡のように
複数の場所に
複数の役割をこなす自分がいて
まるで小学生の時間割みたいに
A-B-C-D-Eをこなしている。

もし、運悪く
殺されてバラバラにされてしまったら
岡崎京子の「チワワちゃん」みたく
なってしまうなと
我ながら危惧している。

きっと
「チワワちゃんと一緒に働いていたベトナム料理屋のバイト君の話」とか
「チワワちゃんが働いていた夜のマスターの話」とか
「チワワちゃんが派遣されていたデザイン事務所の話」とか
「チワワちゃんと昔つきあっていた恋人の話」とか
「チワワちゃんと仕事をしていた代理店の社員の話」とか
「チワワちゃんの学生時代の友人の話」とか
ありとあらゆる人が私を語ったら

きっとチワワちゃんと同じになるだろう。

あそんだり
おしゃべりしたり
なやみをうちあけたり
バカ話したり
キスしたり
セックスしたり
恋したり
憎んだりした人もしたけれど

「本当はチワワちゃんのことを何も知らなかった。」
そして
「きっとチワワちゃんも自分がなんなのかきっとよくわからなかったと思う。」
という岡崎京子的な結論へ向かうだろう。

今日、ひさしぶりに寝坊して
夢を見た。

知らない外国人と、知らない男のひとがでてきて
私をギュッと抱きしめると
「これからはもう大丈夫だよ」と言った。
(一体、何が大丈夫なんだ......?)
その人たちは知らない人だったけれど
体温があったかくて
目をつぶって
胸に耳をつけて
心臓の音を聞いて
男のひとは温かいなぁと
久しぶりに優しい気持ちになって
ゴツゴツした腕の感触って愛しいなぁと
思っていたら
目が覚めた。

そこは、肌寒くなったリアルな秋。
そして、ぽつん。
嗚呼、さびしいぜ。

しかし、
チワワちゃんみたく
夜中の三時に
チワワちゃんの沈んだ海に
ワインと花を持って来てくれる仲間が
果たしているだろうか...。

私の場合、ワインと花ではなくて
加ト吉の讃岐うどんと甘いスイーツ!
って
絵的にどうなのよ。
[PR]
by 1egg2min | 2004-10-04 11:46 | BOOKS

猫と石榴と流し目と。

トカゲが背の高い雑草を
螺旋階段を登るようにあがっていく。

雑草にはかすみ草のような生成色の小さな綿毛の花。
とかげが静かに
てっぺんにのぼると
こちらに自慢げな顔で一瞥する。
朝日。
そしてくるくると
螺旋階段を下る。

とかげ。

ボロアパートから体操座りで朝の庭をながめる。

隣の庭のザクロの実。
ひとつだけ
まだ緑の
夏みかん。
ピンクの
フラミンゴ。


ひとつない
ミントスカッシュみたいな
秋の朝。
とかげも
こうやって遊ぶんだね。

猫の気配がして
庭に目をやると

キリリと凛とした目をした猫。
媚びることのない
流し目で。

食べかけのフランスパンをあげようとしたら
去っていく
優雅なしっぽ。

猫のような女になりたい。

大人になって
そう思うよ。

優雅なしっぽ。
振り返ることのない
飄々とした
メスの野良猫。
[PR]
by 1egg2min | 2004-10-01 17:12 | TEXT