2005年 03月 09日 ( 1 )

人生で最高点の焼き肉とプリン

パパは肉が食べられない。

牛も、ブタも、鶏も。
牛乳も、ヨーグルトもだめだ。
潔癖な程だ。

だけど、チーズとバターは大丈夫。

でも、肉となると、わずかな肉片も見逃さない。
パパは一切の肉を食べない。
小さいときから
パパは肉を食べているのを見たことがない。

だから、大人になるまで
わたしは焼き肉を外で食べたことがなかった。
無論、タン塩から網に乗せることも知らなかったし、
とにかく、内臓系の種類なんて
全くおぞましい食べ物としてしか
思い描くことができなかったのだ。

しかし、
今日、とても旨い焼き肉をごちそうになった。
派遣先の社長は美味しいモノを
いつもごちそうしてくださる。
私の中の、ステキな大人の男性の定義は、
おいしいものをサラッとごちそうしてくれるひとだ。
サラッとおいしいもの。
がポイントだ。
下心が丸見えでも興ざめだし(大体そういう人が連れていってくれるお店はあんまりよくない)、第一に食べることに強く興味を持っていない人でないと、本当にぐっとくる店は見つけられないものだ。
今日のお店は店員の態度も感じがよかったし、なんんといっても肉が旨い。(高いけど)もしかしたら、始めて「お肉っておいしいなぁ〜」としみじみおもった。
黒タンの刺身にはキャビアが乗っかっていたし、味噌漬けの鶏モモも、黒豚を半分レアなまま、塩で、ユッケ石焼きビビンバも美味しかったなあ。ビールが旨い旨い。
プリンが有名な焼き肉やさんです。名古屋在住の方はわかったかな?

プリンを頼む時の私の顔が
今日一番の最高の笑顔だったねと笑われた。
肉に夢中になっていたら
花粉症も治っていた。
(外にでたら治ってたけど)

ごはんを食べに行くといつもみんな必ず褒めてくれる。
「本当にニコニコ幸せそうに食べるね」と。
そういわれてみれば、
唯一の私の特技かもしれない。
好き嫌いはないし、
第一、お料理を残すことが
何よりも嫌いだ。
どんなものでもキレイに残さずにいただく。
どんな時も。
じゃないと、ごちそうしてくれる人にも
お料理を作った人にも、
素材にも
とても失礼な気がする。
食いしん坊なこともあるけど。

美味しいお肉は胸焼けもしないんだね。
うふ〜。
幸せ〜。
生きているのは全く素晴らしいね。

わたしに身を呈して幸せをくれた
ぶたさん、うしさん、とりさん。
ありがとう。
あなたたちの命を無駄にはしないよ。
素晴らしい仕事をありがとう。
大人の男の人は優しいね。
[PR]
by 1egg2min | 2005-03-09 00:05 | FOODS