長島有里枝 「NOT SIX」

思わず、息が止まった。
ノドがカラカラになる。

徒歩1分のヴィレヴァン(ヴィレッジヴァンガード:通称ヴィレバン)で
立ち読みしながら
思わず、息が止まる。
一回、本を閉じて深呼吸するも、
目が離せなくてもう一度ページをめくる。

そこには彼がいた。
わたしたちがまだ仲良しだった頃の
そんな彼だ。

世界に3人似ているひとがいるというが
本当に
本当によく似ている。
表情も、たたずまいも、体つきも、朝の寝癖も、
眼鏡も、寝顔も、
すべてが
本当によく似ているのだ。
とても
とても
よく似ている。

長島有里枝 「NOT SIX」

写真家である彼女の旦那さんが
「彼に似ているな〜」と
前の写真集でみかけてから
なんとなく、ずっと思っていた。

今回の写真集はその旦那さんだけを
とり続けた彼女の視線であり、
生活であり、愛である。
哀しさであり、せつない気持ちであり、
慈しみであり、想い出である。
わたしが望んでも
手に入れられなかった
彼らのいとしい日常。

欲しくてしかたがなかったけれど、
彼のことはもう過去の日の出来事として
処理しなければ
わたしはこの3年のまま
壊れっぱなしになってしまうので
ここは建設的な行動をしなきゃ
「しなきゃ」と
そっと本を置き、
そそくさと部屋に帰る。

テレビは愛知万博開幕を告げ、
春なのに小雪が舞い、
オレンジの夕日が
グレーの厚い雲を
不思議な色に変える。
風が
とてもつよい。

部屋に帰っても
やっぱり
あの本が
気になってしかたがないので

夕方のお散歩ついでに
買いにでかける。
花粉症が本当にひどくて
まつげが目に入ってしまうので
明日は
まつげパーマをかけにいこう。

最近、12年来の親友が結婚をして
新婚旅行にドイツへ旅立った。
殊に、結婚ラッシュがピークに達しようとしている。

仕事とは、結婚とは、家族とは、愛とは、未来とは

と世の中はどんどん質問をなげかけてくる。
そんな年齢になってしまったらしい。
花粉症で
鼻をかみすぎ、
目が腫れて
薬でぼんやりしてて
世界がぼぅ〜としている。
だけどやるべきことは山積みで
逃げても逃げても追いかけてくる。

結婚した親友は
「あとやり残したことは子供を産むことだけ」と
きっぱり言った。
「やり残したこと」なんて
あまりにも多すぎて
もう時間が足りなくなってきたよ。

人間のメスは大変だ。
風当たりも強い。

風が
今日も
いつのまにか
よるをつれてきた。
[PR]
by 1egg2min | 2005-03-25 18:03 | BOOKS


<< おっぱいと舌のしたの秘密 人生で最高点の焼き肉とプリン >>